« 2004年6月6日 - 2004年6月12日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »

2004.10.16

第13回千葉会(その2)

2本目の対戦
W2-Front in Flames:yagiロシア軍対へぼへぼドイツ軍

第1ターン
 ドイツ軍はK10から、ロシア軍はD7から侵入となった。
 なんと2歩目でLOSが通り戦闘開始。
 ドイツ軍はK5の建物を確保するため、走る。
 ロシア軍の防御射撃でスナイパーヒット。
 スナイパーは分隊+指揮官を狙うことになり、ランダムセレクションはゾロ目。
 指揮官死亡、分隊混乱。
 こうなるとドイツ軍に怖いものはない。
 H7、I7、I8、J5、K5に部隊を配置し、ロシア軍の侵入に備える。

 ロシア軍はD6、D7あたりからゾロゾロと出てくるが、ドイツ軍の防御射撃でガンガン斃れていく。
 結局、D8に混乱2個分隊、F5に8-0指揮官、E7、F6、G6、H5に分隊を入れた。

第2ターン
 ドイツ軍はI8の部隊をK5の建物へ増援、他の部隊は、引っ込んで出る。
 損害はなし。

 ロシア軍準備射撃で、戦渦。I7のLMG持ちが狂暴化。
 他は戦果なし。移動もちょぼちょぼ。防御射撃もそこそこ。

第3ターン
 狂暴兵がH5に突撃。防御射撃をかいくぐり、白兵戦までこぎつけた。
 結果は、ロシア軍損耗、ドイツ軍損害なし。なんとツキまくり。

 ロシア軍は、H5の白兵戦をものにするべく、2個分隊を増援。
 結果は、ロシア軍損害なし、ドイツ軍狂暴兵壊滅。ま、そんなものか。

第4ターン。
 ドイツ軍は目立った動きなし。このターンにロシア軍は大戦果を収めないと、まず勝ちはない。

 当然、ロシア軍はI列を押しわたってくる。防御射撃。ガンガンあたる。
 KIAもK/#も存分にでて、これにてロシア軍の攻勢能力は消滅し、投了となった。

勝因?
 第1ターンスナイパーで最高の指揮官を戦死させたのが勝因・・・・
 これだけ小さいシナリオだと、さいころ一振りですべてが決まってしまうような気がする。
 ま、サクサクのりのりで楽しむ種類の物なのだろうか。

| | コメント (0)

第13回千葉会(その1)

2004年10月16日 第13回千葉会

今日は、小シナリオを3本。全てリーグ戦。
最初はVV16-Mala Zemlya:yagiドイツ軍対へぼへぼロシア軍。

ロシア軍初期配置はE4、G5、G6に628、H3に458+LMG+9-1、F6に458+LMG、D6に458+LMG+8-1

第1ターン
 ドイツ軍は順当に登場、ほとんどはロシア軍右翼へ。
 若干の防御射撃で、ドイツ軍ヒーロー誕生。いやな予感がする。
 ソ連軍は、隠蔽をなくさないよう、防御射撃を受けないよう、後ろへ下がって、前へ出る。
 このときLMGを持つ部隊をD6、E4、F5へ移動。H4、G6、F6に628を待機させる。

第2ターン
 ドイツ軍準備射撃で、D6の軽機関銃部隊が混乱、指揮官は無事。
 F6の周りをドイツ軍HSが走る。防御射撃。-2修正がことごとくあたらない。
 続いてヒーローが走る。これもあたらない。最後はFPFに失敗して、混乱。
 抑止力は完全になくなり、D5建物の裏手を自由に通行される。
 D6の混乱分隊が囲まれて、壊走フェイズに捕虜となることが決定。
 LMGを落とし降伏するも、ドイツ軍は降伏を拒否。虐殺される。

第3ターン以降
 後は、C2C3あたりまで退却するも、敵に損害をほとんど与えていないため、どんどん押し込まれる。
 4ターン頃までには統制状態の分隊は1.5個ぐらいまで減少。
 5ターンには、撃ち方止めの掛け声とともに、投了しました。

敗因?
 D6の部隊の後詰がまったくいなかったため、ここが混乱して回り込まれる。
 回りこまれると、最終防御ラインにたどり着くのが命がけとなり、損害がかさんだ。
 退路を確保しつつ、早め早めに退却しないと、ドイツ軍に飲み込まれると言うことか・・・

| | コメント (0)

2004.10.12

A25 COLD CROCODILES

10月9日(雨)

A25 COLD CROCODILESを対戦。
ドイツ軍:yagiさん、英軍主部隊:MMさん
英軍増援部隊(クロコダイル×2+457×4+9-1×1+LMG):へぼへぼ担当

英軍の増援部隊は4ターンに24盤の西端から登場

4ターン
 全部隊24盤中央から進入。
 煙幕を張りつつゆっくり前進。
 クロコダイル1両がドイツ軍88LLにより撃破される。
 1発目は運良くかわしたが、2発目でアウト。後退移動(後進?)で逃げられたのだろうか?
5ターン 
 88対応のためHSを88の西側に向かわせる。
 残りの部隊は集落の北を通って、88をHSと挟み撃ちにする予定だった。
 88を撃破してからでないと、クロコダイルは前進できない。
 戦車をまったく有効に利用できていないのが、歯がゆい。
 集落は完全に掃討完了。
 MMさんから譲り受けた集落掃討部隊(457×2+HS+9-1位だったかな?)を集落移動中HIP登場。
 道路上で9-1が混乱、457が消滅した。
 ドイツ軍ターンにOBAで集落北のドイツ軍が、半壊状態になる。
6ターン 
 部隊は村落の北側へ移動完了。
 一部を88方面、残りを23盤方面へ振り分ける。

と、ここで台風が上陸のため、イエサブが終了。

感想:
 勝敗はつかなかったが(5分5分な感じ)、かなり面白いと感じた。
 ASLのギミックが凝縮されているような感じか?
 HIP、OBA、FT、戦車戦、PF、敵の掃討と味方部隊の保全のバランス、などなど。
 何が面白いのかという詳細な分析はまだできない。
 これから、何回かやってみたい。
 ただ、登場する項目に関するルール整理が必須か?

おわり

| | コメント (0)

« 2004年6月6日 - 2004年6月12日 | トップページ | 2004年11月28日 - 2004年12月4日 »