« さぼってた | トップページ | The Great War in Europe »

2005.05.10

J1:Urban Guerrila

猿遊会にて、対戦。

ドイツ軍(防御側)を担当した。

プレイ前の作戦は、早めに運河の対岸まで撤退し、勝利条件の建物を死守するというもの。

結果は無残な敗北を喫した。

敗因の検討:

1.早めの撤退を考えていたにもかかわらず、
  初期配置時、最前線に兵力を割きすぎた。
2.撤退時期を明確に考えていなかったので、工場周辺で変に粘ろうとした。
  結果として、撤退できた歩兵は初期配置兵力の半分に満たなかった。
3.歩兵を撤退させるために、戦車は積極的に攻撃を仕掛けるべきだった。
  パンターは積極的にT34を狙う必要がありそう。
4.ハーフトラック、4号戦車をムダにした。
5.最後に建物をとられないようにするための努力を惜しんだ。
  HSに分割し、ばら撒くべきだった。

こんなとこかな?いいとこないなぁ。基本線は悪くないと思うんだけどなぁ。

でも、このシナリオは面白いゾー。また、プレイしたい。

大負けを喫した割には、すっきりした。
けいたん、ありがとう!

|

« さぼってた | トップページ | The Great War in Europe »

コメント

こんばんは~
私のブログに来て頂きありがとうございます。へぼへぼさんの記録も楽しみにしてますよ~。1918は良かったんっすね。

投稿: 擲弾兵 | 2005.06.30 00:09

あ、これはこれは。
ご来場ありがとうございます。
全然、進行しないですが、よろしくおねがいします。

1918はいいですよ。
んー、次は1918の記事を書こうかな・・・

投稿: へぼへぼ6+1 | 2005.07.03 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さぼってた | トップページ | The Great War in Europe »