« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

2006.04.22

ちはら会に参加

4月のちはら会に参加してきました。

私がプレイしたのは、ASLとGJ本能寺(正式な名前を知らない・・)

ASLはルセロさんとジャングルファイターを。
日本軍対オーストラリア軍で、ジョホールバルでの戦いです。
ジャングルファイターといいながら実は市街戦です。

第1ターンに北端から先にオーストラリア軍が進入しその後日本軍が進入してきます。
5ターン終了時に日本軍が南端から突破したVPがオーストラリア軍のそれより11VP以上多ければ日本軍の勝ちです。
私がオーストラリア軍を担当しました。

防御側にもかかわらず、第1ターンに北端から進入なので、はじめから縦深をとった配置をすることができません。
ない知恵を絞って考え、とりあえず機関銃を大きく下げ、主力をそこそこに、警戒部隊を薄く撒いた状態を想定し、
第1ターンを終了。

しかし、日本軍は止まりません。
撃たれてMC失敗しても混乱せず(分隊にはそもそも混乱面がない!)そのまま走ってきます。

当然警戒部隊は飲み込まれ、主力も半分ほど壊走不能で除去。
この時点で、2ターン終了。
これはイカンとなりふりかまわず後退する。
市街戦なので当然道路を渡らなければならないところが出てきます。
そこを狙って、徐々に日本軍を削っていきます。

最後は、最終ラインで中機関銃を構えた分隊と9-1を核として、ずたぼろながら何とか防衛線を張りました。

ここで日本軍は万歳突撃を敢行。しかも指揮官一人で・・。
中機関銃陣地に突撃してきましたが、これを討ち取ることできず、右翼ががらあき。
通過し放題になり、ここから日本軍が脱出するも、あと1点足りません。

しかし、左翼にいた2個分隊のうちどちらかしか止めることができないことが判明したのでここでゲームセット。

プレイ前の計画が大失敗で、これによって失った6個分隊があれば、もう少し何とかなったかもです。
とにかく、日本軍を相手にするときは浸透されないように気をつけないと、
浸透→前進射撃で混乱→除去のコンボを喰らい、あっという間に兵隊がいなくなります。
また、特火点を作っても、万歳突撃で突入されたら、突入されても無効化されるし、
万歳ユニットに対し臨機射撃をしてもその後の臨機射撃の自由度が大きく損なわれます。

とにかく間合いを取って、射撃を行えるよう行動できれば優位に戦えるのではないかと思います。
なんたって、失われた日本軍は決して戻ってこないのですから。


実は勝利条件を勘違いしており、日本軍が11VP突破したら、負けると思っていました。
勝利条件は正確に把握しなくてはいけませんね。

で、夜の部。
mitsu亭でGJ本能寺(でいいのかな?)。
柴田を担当しましたが、皆から北陸の熊とおだてられてしまいました。
基本的にカードがあまり使えないので、戦力を充実させることをメインにして2ターンまですごしました。
2ターンの最後に、能登まで出張ってきていた謙信を撃破し、凱歌を上げます。
3ターンに飛騨を制圧し、全軍飛騨に集合します。
4ターン、上様(信長)からカードを1枚余分に貰い受けます。
このターンに終了判定が始まります。終了する確立は1/3。
カードが皆より1枚多いので最後の最後に反逆すれば、みな手が出ず、終了判定で終了が出れば勝てる・・・
先に動きそうだった明智の足軽をカードで半減させる。
と、ほかの皆も動き出し、私の番に。残りカードは2枚。
ここで反逆。上様にもらったカードで上様の首を頂戴しました。

運命の終了判定は・・・・1!!

ゲーム終了です。
VPは柴田5、羽柴5、明智4、徳川4。
羽柴と同じVPでしたが、上様の首を持っていた柴田が勝利しました。

ほかにプレイされたゲームについては、mitsu氏のブログを見てください。
皆さん、お疲れ様でした。

P.S.うおPさん、お会いできず残念でした。ロシアンキャンペーンはこの次にお会いしたとき、お渡しします。また、お体をお大事にしてください。

| | コメント (2)

2006.04.18

千葉会にいってきた

うひー、ブログのIDとパスワードを書いたファイルをなくしてしまい、大変なことになってしまいました。
気をつけましょう。

さて、千葉会。

土曜日は、サムさんと失われた勝利(エポック/サンセット)をプレイ。
当方がソ連。yagi師匠のアドバイスに従い、初期配置。
ドイツ軍はほぼ史実どおりの戦力配分。
ソ連軍の歩兵軍は接敵されていると、動けないので、初期配置の部隊はほとんど見殺し。
オーバーランで突破されるも、ドイツ軍の損害も多く、結局冬になってターンオーバー。
-4drmをいいことに、調子に乗ってガンガン攻撃すると、ドイツ軍が溶けてしまいました。

41年のドイツ軍は、とにかく前進、
それもソ連軍の体制が整わないうちにのど元に匕首を突きつけるような突進が必要と思います。

それにしても、面白かったです。
最後は「圧倒的だな、わが軍は」状態でしたが、
ちょっとした配置ミスでズバット切り込んでくるドイツ軍が怖かったです。

何回かプレイしたいアイテムになりました。

日曜日は、yagi師匠と。

まずは、朝鮮戦争(エポック/サンセット)。
初めての対戦だったので、ミスってもゲームが崩壊しないであろう北朝鮮軍を、私が担当。

最初から最後までグダグダの攻撃しかできなかった。
マンセーもしなかったし。つか、3ターン頃からサドンデスはあきらめてたし・・・
でも、yagi師匠は上陸作戦直後の2ターン連続で、
空爆でダイス目2(効果なし)+天候でダイス目1(航空支援なし)をだしてました。

さすが師匠、シビレルー。

さらに最終ターン、隣接へクスに空挺降下でソウルを落とそうとするも、こちらは空爆で北朝鮮軍がいなくなり、
yagi:「もしかして、攻撃できない?」
へぼ:「・・・・・ユニット、ないですから・・・・・」

さすが師匠、またもシビレルー!!!

爆笑のうちにゲームセット。しかし、自分のへぼさ加減を実感したなぁ・・

つづいて、おなじみASL。シナリオはASL11:Defiance on Hill30

アメリカ軍空挺が守る村に、ドイツ軍が押し寄せ、占領が完了しそうなタイミングでアメリカ軍の増援が到着するシナリオ。
実は、3回目のプレイです。前の2回ともドイツ軍で、負けました。

doraさん曰く「このシナリオはドイツ軍有利だから・・・・・」
へぼ:「そ、そうなんですか?」

で、今回は勝ちました。なんとか。

またもdoraさん曰く「やはり、最後は見苦しいな」
へぼ「・・・・・・」

ASLの最後は見苦しく終わるものです(キッパリ)

ところで、アメリカ軍は、丘の上に上ったドイツ軍はスルーした方がいいのではないかしら?
勝利条件の建物にこもるドイツ軍をバリバリ射撃すりゃ、CVPで有利に立てると思うんだけど。

| | コメント (0)

« 2006年1月29日 - 2006年2月4日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »