« 今日の走行 | トップページ | 私の好み »

2009.03.22

レースの顛末 その2

さて、ピットに一人残された私は、ひたすらピットで待っておりました。
言葉は悪いですが、草レースですので、複数のチームが共同で一つのピットを使用します。
他のチームは順調に選手交代を行っており、私は邪魔にならないように、だんだん後ろのほうへ移動します。

この間の気持ちと言うか不安というか・・・・
やはり、一番怖かったのが、T氏が落車→大怪我→走行不能ということ。
安全であることがスポーツの最低条件じゃないだろうか?
安全のないものは「冒険」なんじゃないかと思うのです。
その安全の中で、それぞれの限界に挑んでいくところに醍醐味があるのではないか?
・・・・閑話休題

不安に苛まれていたとき、不意に後ろから私のゼッケンが呼ばれました。
振り向くと、どうやらオフィシャルの方のようです。
曰く、「チームメイトがリタイヤ宣言をしている。君は彼のところまで行き、そこで選手交代し、レースを続行せよ。あきらめてはいけない!」

なんといいましょうか。地獄に仏といいましょうか。
ひたすら待つという苦行から開放された私は、大きな返事のあと、コースに飛び出していきました。
ヨシ!イッタルデー!!マッテテヤー!!!
ピットに入る時の「平常心」は吹っ飛び、全力でぶっ飛ばして行きました。

・・・・・・・

しかし、そこは吹きっさらしの向かい風。
貧脚の私には向かい風の中1.5kmも全力でぶっ飛ばすことなんかできません。あぅ~。
自然にペースは落ちてしまいます。
ハアハアいいながら1kmほど走ると、T氏(第2走者)の自転車を担いだU氏(第1走者)がコース横の道を向かいから歩いてきます。
「?」と思い、コースから外れて停止します。
そこでU氏曰く、「T氏の自転車は走行不能だが、T氏自体の怪我はたいしたこと無い。今は自分の自転車に乗り換えてコースを走り、ピットに向かっている。選手交代するために君はピットに大至急戻れ!!」

えぇ~!?また戻って向かい風の中走るんかい?

えぇ、戻りましたよ。コース脇の遊歩道使って。パンクしないように祈りながら。

ピットに戻るとT氏が所在なさげにぽつねんと待っておりました。
T氏にはなんともいえない哀愁が漂っておりましたが、私は事情を詳しく聞くこともできずアンクルバンド(出走選手の足首に巻きつけ、自動で周回をカウントするもの)を受け取り走り出しました。

いよいよ私の番です。チームの責任を負いベストを尽くさねばなりません。
が、以上のようないきさつにより、なんともしまらない初レースが始まりました。

続きは、また後ほど(うおPさん、引っ張ってごめんね)

|

« 今日の走行 | トップページ | 私の好み »

コメント

いいんですよ、どんどん引っ張って。
面白いから、OK、OK。

ぐーっと引っ張って、パッと離して、ゆーとぴあ。

投稿: うおP | 2009.03.24 18:09

こんなくだらないクソネタを読んでくれるうおPさんが神に見えます。

まさか、自転車に「興味あり」なんて言わないですよね?   ネッ!

投稿: へぼへぼ6+1 | 2009.03.25 23:22

興味、なし(とキッパリ)

うそです。
たまに乗るならいいかなぁ・・・緑のそよ風の中を、気持ちよく走って、メタボ解消なら、一石二鳥かなぁ・・・と思いつつ、知人に聞いたら「週一で空気を入れなきゃダメ」とか「慣れるまで尻が痛い」と言われた時点でアウトでした。

投稿: うおP | 2009.03.26 23:40

「興味なし」とはなかなか、厳しいですね(笑)

>気持ちよく走って、メタボ解消
これは、難しいです。
脂肪を燃焼させるには、軽度な運動を長時間続けるのが基本です。
”毎日”気持ちよく”1時間以上”走り続けるのなら、メタボ解消するでしょう。
(通勤に使うのが一番?)

>週一で空気を入れなきゃダメ
お話をされた知人の方は”ロードレーサー”に乗られていると考察します。
ロードレーサーのタイヤは細いため、空気圧が高くなっています。
だから空気が抜けやすい。
太目のタイヤで空気圧の低いものを選択すれば、そんなことはありませんよ。
具体的な車種で言うならランドナー(笑)やマウンテンバイク、クロスバイクがいいでしょうね。
それであれば、2週~1ヶ月に一度チェーンの手入れとタイヤの空気入れでOKじゃないかと思います。

>慣れるまで尻が痛い
上記とかぶりますが、太目のタイヤならタイヤ自体がクッションになってくれますので、そんなことは無いですよ。
それでも痛くなるときは大概、姿勢が悪いのだと思います。
つまり、姿勢さえ見直せば尻が痛いなどということは無いはずです。
ただし、1日で100km以上走る場合は除外です。

こう書くと、太いタイヤは素晴しいようですが、太目のタイヤは細いタイヤに比べ疲れます。同じ疲労度なら速度が遅いです。

こんど、私が通勤自転車を選んだ基準を書こうかしら・・・

投稿: へぼへぼ6+1 | 2009.04.27 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の走行 | トップページ | 私の好み »