« 合同練習 | トップページ | 今日の走行 »

2009.03.21

レースの顛末 その1

千葉会に行ったところ「で、レースはどないやったん?」という質問が殺到(当社比)したので、軽く書いておきます。

レース前の一週間は、雨が多くほとんど自転車で通勤することはできませんでした。
ほとんど自転車に乗れず、少々不安を抱えた状態で当日になりました。

当日はレース会場付近の駅まで輪行。
自転車も借り物なら輪行袋もレーパンも借り物で、借り物尽くしです。
輪行袋に入れてあるとはいえ、電車の中では自転車は巨大な荷物です。
邪魔にならないように先頭車両の先頭へ行くと、すでに一台自転車が置かれています。
そばの席には持ち主らしき方が座っておられました。
会釈をして先客の隣に私の自転車を置きます。
まったく見知らぬ人にもかかわらず、自転車に乗っているというだけで会釈ができることにほのかな喜びを感じつつ、目的地まで移動しました。

電車を降りて自転車を組み立て、レース会場まで軽く走ります。
前日までは雨でしたが、どうやら天気は持ちそうです。
単車の草レース経験はありますが、自転車は初めてです。
緊張と楽観がない交ぜになった微妙な感情はいやな感じではありません。
どうも病みつきになりそうです。

本番の走行順は事前に、ベテランのU氏→先達のT氏→へぼへぼと決めてあったので、レース会場でチームメートと合流し、開会式等が済むと、とりあえず私の出番はありません。

コースはほぼオーバル(楕円形)でピットを出てホームストレート、その後土手の上り下りが2回ありバックストレートへ、バックストレートエンドで90°カーブを経て橋(上って下る)、また90°カーブがあってピットまで戻るというもの。
ホームストレートは超向かい風、バックストレートは超追い風なるも水溜り多し、というあまりありがたくない状況でした。

そんな状況にもかかわらず、U氏は1周、2周目とトップ集団に食らい付いて周回しておりました。かなり速いペースだったのがたたったのか、3周目には集団からちぎれ、そのまま予定の5周を周回しました。
次はT氏です。
はじめから一人旅なので、全体の順位がどの辺りなのか、よくわかりません。
ピットで計ったストップウォッチでの時間はそう悪くはありません。

そろそろ予定の3周が終わり、ピットに入ってくる頃と思い、第三走者である私はピットに向かいます。
ピットで待つ間考えていたのは「平常心、平常心」だけです。
走者交代前の時間はなんともいえない緊張感でした。

しかし、待てど暮らせどT氏が帰ってきません。
トラブル発生か?ということで、U氏がコースの見回りに、私がピットで待機となりました。

一人になってしまった・・・どうする、オレ?

てなところで、とりあえず続きは別記事(なんで?笑)。

|

« 合同練習 | トップページ | 今日の走行 »

コメント

おおっ、引っ張りますな。
早く先を教えてくでー!

投稿: うおP | 2009.03.22 14:23

うおPさん、いらっしゃいませ。
こんなネタにコメントをいただいて、恐縮です。

続きは近々公開しますので、お楽しみに。

投稿: へぼへぼ6+1 | 2009.03.22 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同練習 | トップページ | 今日の走行 »