« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009.03.28

3月28日の走行

簡単に

自宅ー千住新橋-(荒川右岸)-荒川右岸河口-葛西橋で中州(荒川と中川)へー北上ー新小松橋(国道14号)で中川左岸へ-道に迷いつつ南下ー葛西臨海公園-江戸川右岸-迷いつつ北上-葛飾橋で一般道へ-自宅

走行距離:76.3km
実走行時間:3時間26分
平均速度:22.2km/h(一般道が多かったし、こんなもんだよね)

荒サイは広いけど人口密度が高くて走りにくい。
江戸サイは狭いけど、閑散としているので走りやすい。

広さと走りやすさは関係ないのね。

明日は、関宿までgoかな?

しかし、ランドナーって今でも少しだけ走っているのですね。
今日は私以外に3人ほど見かけました。

ナンカウレシイ

| | コメント (0)

レースの顛末 その4

その後は、チームの皆さんもこれといったトラブルも無く、淡々と周回と選手交代をこなしました。

私も、2回目の担当(3周)も淡々と(バックストレートエンドだけは注意して)こなしました。

2回目は自分より少し早い人がいなくて、(自分よりメチャ速い人はいて、その人は3位のチームの方でした)ジェットストリームアタックができません。
私は結構イラチなので、向かい風のホームストレートで「イッテマエ!」になり、ホームストレートエンドの上り坂で「ぷしゅ~」となってしまいました。
「我慢もレースのうち」なんですね。ベンキョウニナリマスタ

ちなみに2回目の平均速度は30.4km/h。
かろうじて目標はクリアしてるけど・・・・・ヘタレかかなぁ。

で、レースの4時間も残り30分となりますと選手交代ができなくなります(ルールで)。
選手交代禁止まで残り10分弱のとき、エースのU氏がピットロードに入ってきました。
「交代するか?」と思いきや、そのまま走り去ります(約束ではもう1周だったのです)。
まU氏なら選手交代禁止ギリギリできちんと帰ってくるだろうと思っていましたが、今度はU氏がなかなか帰ってきません。
選手交代可能時間はどんどん無くなっていきます。

ピットにいる我々はもう待つしかないのです。
帰って来い・・・・・帰って来い・・・・・・


しかし、無常にも時間は過ぎ、ピットロードは閉鎖されました。
残りの30分はU氏に走りきってもらうしかありません。
少しするとU氏が帰ってきました。
閉鎖されているピットロードを見ても、平然とコースを回っていきます。
「何があっても平常心もレースのうち」なんですね。ベンキョウニナリマスタ

しかし、私は見た!!
U氏の足に血が流れているのを!!!

どないしたんや・・・・

結局そのままU氏は3周し、ゴール。
私たちの4時間が終わりました。

Resultは・・・・
ま、なんだ。草レースは結果じゃないんだよ、結果じゃ・・・・・・orz


後でU氏から聞いたところによると、バックストレートエンドで派手に落車したそうです。

T氏がコケ、U氏がコケ・・・・まったく憑いていませんでした・・・・・
つか、KY(危険予知)しろよ!!


レースは昼で終わりなので3人で昼食をしました。
なにやかにやと楽しいおしゃべりをしつつ、蕎麦をいただきました。
後から、他のチームの方も店に入ってきて、なんとはなしの一体感みたいなものを感じてしまいました。

T氏は、RD(後ろの変速機)がもげたので(ポロッっと取れていました)、御神酒で厄払いしておりました(生中2杯)。
往きに私が使った輪行袋はT氏に渡したので(輪行でないとT氏は帰れない)、私は自走で松戸まで帰宅しなければなりません。お神酒は自粛です。

昼食でお開きとし、各自帰路に着きました。
私は松戸まで帰らねばなりません。
江戸川沿いを千住新橋まで走り、そこから亀有-金町-松戸と帰る予定です。
で、やってしまいました。

レース前の合同練習の時に「後ろのタイヤ替えておいたほうがいいよ」とのアドバイスをいただき、自己流でタイヤ交換したんです。
このタイヤ、チューブラーって言って、中にチューブが入っていない(正確に言うと、タイヤとチューブが一体化している)んです。
それを接着剤でリムに付けるんですが、所詮素人。
この新品のタイヤがパンクしました。場所は江北橋の手前あたりでした。

途中に少しだけ未舗装のところがあって・・・・・
生来の楽観主義と、疲労のせいで減速もろくろくせずに突っ込んで・・・・
あれがいけなかったのか・・・・・

とりあえず、補給食のバナナを食って落ち着きます。
落ち着いたところで、持ってきていた予備タイヤ(デカケルトキワワスレズニ!)と交換。
交換後に一服。(自転車乗りにあるまじき行為だと反省しています。)

その後は、何とかパンクしないように、ソロリソロリと自転車を走らせ、松戸到着。
やっと、松戸に到着しました。
T氏のRD破損・走行不能、U氏の落車・血まみれに比べれば、なんとは無いトラブルですが・・・・・いやなもんです。

家に着いてから早速、御神酒で厄払いしました(笑)

最後に
生まれて初めて自転車誌を買いました。
このレースを主催した「funride」という雑誌です。
何気なくページをぱらぱらとめくっていると!?

「これ、おれやん」
雑誌に載ってしまいました(後姿だけど)。

P141の3の写真3、ゼッケン71が私です。ハハ (肘が曲がっててかっこわる~)
ちなみに今でも休日はこの格好で走ってます。

| | コメント (3)

レースの顛末 その3

さて、走り出したはいいものの、イレギュラーとは言え一回走ってしまったので、無我夢中でぶっ飛ばしていくなんてことはできませんでした。
意外と冷静になってしまったというところでしょうか。

コバンザメのように、自分より少し早い人を見つけて、付いていくのです。
つまり、風除けになってもらうのです。
ホームストレートの終わりにはちょっとした上り下りがあるので、その上りで前の人を抜き続く下りで引き離す作戦で行くことに決めます。
コスイやつです(笑)

一週目はうまいこと少し早い人がいたので、付いて行き作戦通り坂の上り下りで引き離すことができました。
その後は追い風です。
それまで敵だった風が今度は味方になります。
バックストレートでの走行速度は45km/hを越えました。
「うはっ!おれ、速いっ!!」なんて思いましたが、皆おんなじくらいの速さで飛ばしてます。
普通じゃん・・・orz

まぁ、そんな感じで2周を終わり、残り1周で選手交代です。
ホームストレート・・・上り・・・下り・・・上り・・・下り・・・・バックストレート・・・・
と、順調に走りますが、このバックストレートエンドで、冷や汗をかきました。

F1やオートバイのWGPをテレビで見てもわかりますが、長いストレートのエンドでは、ブレーキ合戦・・・つまり突っ込み勝負になることが多いです。
ブレーキをかけるタイミングをできるだけ遅くするわけです。
そのときは別に競っている相手がいるわけでもなく、別に突っ込み勝負をする必要は無かったのですが、調子に乗っていたのか、私は一人で突っ込み勝負(誰と?)してしまいました。すると、

「ズル」

という感じでリアが滑ります。
思わず、アウト側の肘を上げて、半ケツ乗りしてイン側の足を出して、リアブレーキをコントロールしながら車体の向きを変え、コーナー出口を見据えながら、アクセルオン!クラッチをシュパっと・・・・・?

ドロップハンドルで肘は上がりません。
半ケツ乗りもできなければ、足はペダルに固定されてます。
ブレーキコントロールで向きかえる?アクセル?クラッチ?なにそれ、乗り物違うし。

本当は「アウアウ」言いながら、カラーコーンの隙間からコースアウト。
転倒はしなかったので、何事も無かったかのようにコースイン。
平然とピットに戻り、U氏にバトンタッチ。

とりあえず、大過なく予定の周回を終えました。

この3周の平均速度は、29.7km/h。
平均30km/hを目標にしていたのですが、未達でした。
でも、イレギュラーの行って帰ってがあったので、こんなものかもしれません。


うーん、終わらない。も少し続きます。

| | コメント (0)

2009.03.26

私の好み

先日、金吾さんと飲んだ時、「自転車ネタだと、ブログの更新が早いじゃん!!」
と突っ込まれ、「アウアウ」
だったので、ウォーゲームの小ネタです。

・私の好み

最近の流行は、手早く勝負が付いていろいろな作戦が試せる比較的小ぶりなゲームのようです。
私もそういうゲームは好きですし、楽しいゲームだと思います。(へぼですが)

しかし、私の本当の好みは、比較的重くそう何回も対戦機会をもてないゲームなのです。

なぜか?

重いゲームというのは、なかなか対戦機会がないため、一つの一つの決断が非常にシビアだと思います。
つまり、一つの決断を下すにあたり、「もう一度はない」と思わなくてはならないということです。
一度きりのチャンスをどうするかという緊迫感がすきなのです。
(注記:「よっしゃ!もう一回」のゲームが嫌いというのではないです。誤解しないでね)
実際、歴史上の出来事においては「もう一度」は無いわけで、この種の緊迫感があるゲームはうまく史実をシミュレートしていると・・・・・(笑)

この様なゲームは通常1日かけても最後まで行かないときも多々あり、当然勝負がつかないことも多々あります。
しかし勝負がつかなかったことに対する不満というのは、私の場合、まったく無いのです。

与えられた目標(勝利条件)を目指し、「こうやる」と決めた構想に基づき、個々の場面において決断していく。(脂汗をかきつつ(笑)
そして、その決断に「まった」はない。
そんな緊迫感、緊張感が結構快く、この様な感覚を与えてくれるウォーゲームが、私は好きなのです。

| | コメント (0)

2009.03.22

レースの顛末 その2

さて、ピットに一人残された私は、ひたすらピットで待っておりました。
言葉は悪いですが、草レースですので、複数のチームが共同で一つのピットを使用します。
他のチームは順調に選手交代を行っており、私は邪魔にならないように、だんだん後ろのほうへ移動します。

この間の気持ちと言うか不安というか・・・・
やはり、一番怖かったのが、T氏が落車→大怪我→走行不能ということ。
安全であることがスポーツの最低条件じゃないだろうか?
安全のないものは「冒険」なんじゃないかと思うのです。
その安全の中で、それぞれの限界に挑んでいくところに醍醐味があるのではないか?
・・・・閑話休題

不安に苛まれていたとき、不意に後ろから私のゼッケンが呼ばれました。
振り向くと、どうやらオフィシャルの方のようです。
曰く、「チームメイトがリタイヤ宣言をしている。君は彼のところまで行き、そこで選手交代し、レースを続行せよ。あきらめてはいけない!」

なんといいましょうか。地獄に仏といいましょうか。
ひたすら待つという苦行から開放された私は、大きな返事のあと、コースに飛び出していきました。
ヨシ!イッタルデー!!マッテテヤー!!!
ピットに入る時の「平常心」は吹っ飛び、全力でぶっ飛ばして行きました。

・・・・・・・

しかし、そこは吹きっさらしの向かい風。
貧脚の私には向かい風の中1.5kmも全力でぶっ飛ばすことなんかできません。あぅ~。
自然にペースは落ちてしまいます。
ハアハアいいながら1kmほど走ると、T氏(第2走者)の自転車を担いだU氏(第1走者)がコース横の道を向かいから歩いてきます。
「?」と思い、コースから外れて停止します。
そこでU氏曰く、「T氏の自転車は走行不能だが、T氏自体の怪我はたいしたこと無い。今は自分の自転車に乗り換えてコースを走り、ピットに向かっている。選手交代するために君はピットに大至急戻れ!!」

えぇ~!?また戻って向かい風の中走るんかい?

えぇ、戻りましたよ。コース脇の遊歩道使って。パンクしないように祈りながら。

ピットに戻るとT氏が所在なさげにぽつねんと待っておりました。
T氏にはなんともいえない哀愁が漂っておりましたが、私は事情を詳しく聞くこともできずアンクルバンド(出走選手の足首に巻きつけ、自動で周回をカウントするもの)を受け取り走り出しました。

いよいよ私の番です。チームの責任を負いベストを尽くさねばなりません。
が、以上のようないきさつにより、なんともしまらない初レースが始まりました。

続きは、また後ほど(うおPさん、引っ張ってごめんね)

| | コメント (4)

今日の走行

今日は3連休の中日。
行ってきました、関宿へ。正確には「逝ってきました」(笑)

11:00頃自宅を出発し、江戸サイをひたすら北上しました。
菜の花が満開で、汚れた心が洗われます・・・・

LSDを心がけていたので、たいした疲労も無く関宿へ到着。約1時間半。
関宿でおにぎりを食し、帰路へ着きますが、すさまじい向かい風。

天気予報では南の風4m/sだったやん!実際は8m/sはくだらないぜ!!
川沿いということもあり、風は他の所より強く吹くようです。
メンテ不良のランドナーでは、いささか厳しい帰路となりました。
行きは1時間半のところを2時間以上かけて帰ってきました。

往路の途中にグライダーの滑走路があるのですが、ちょうど離陸の瞬間に行き当たりまして、自転車を止めて見入ってしまいました。
頭の中には「遠すぎた橋」のBGMが流れましてね・・・ハハ
それにしても、グライダーとは美しい乗り物だと再認識しました。
天気も好いし、菜の花が満開だし、「ホーホケキョ」も聞けたし、自転車もなかなかオツなもんです。

でも、復路は向かい風でLSDは破綻。尻は「アッー」状態だし・・・・サドル替えようかな・・・

本日の走行記録
走行距離:94.69km(100kmにはとどかなかった・・)
走行時間:3時間42分
平均速度:24.2km/h(ランドナーではこんなものか?)

| | コメント (2)

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »