« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »

2009.05.01

荒鷲の要塞・・・・?

4月の千葉会二日目は日曜日でした。
予定では参加が危ぶまれたので、欠席としておりましたが、思いのほか早く用事が済んだので、参加しました。

じつは、お目当てがありました。
3月の千葉会の後morita氏と飲みまして、そのときmorita氏が言うには、
「私はライトゲーマーと思われているが、実はヘビーなゲームも好きなのだ」とのことでした。

そこで、「When Eagles Fight」を持ち(ヘビーではないかもしれないが)参加となりました。
到着時、morita氏は対戦中で、しばし待つことにしました。

待つ間に、バトルアクス作戦のお誘いがあり、プレイしました。
まぁ、なんだ。なかなかよろしいんじゃないですか?
ドイツ戦車軍団のシステムで、A3マップで全4ターン。
エルアラメインを彷彿とさせます。もう少し楽しめるかもしれません。

さて、本命の「When Eagles Fight」です。
事前に予定を組んでいなかったのにも関わらず、快く対戦いただきありがたいことです。
陣営はmorita氏が独墺軍、私が露軍を受け持つことになり、スタートです。

始まりはタンネンベルクがお決まりとはいえ、その後はロシア軍は攻勢がとれます。
潤沢な補充を元にオーストリア軍を押し込んでいきます。
Lemberg、Przemysl(波蘭語ではプシェミスィルらしいが当時はなんて読んでいたのかな?)を順当に落すも、カルパチア山脈にぶつかると、ダイス修正の少ないロシア軍ではなかなか前進できません。

北方では、1ステップユニットをスタックさせ、ドイツ軍の攻勢に備えます・・・・というのはウソで、北方ではあえて攻勢に出ず、ドイツ軍がオーストリア方面に抽出されるのは待ちます。
ドイツ軍は最初のユニット数が少なく、さらにLodz周辺は戦線に穴があり、増援ユニットはワルシャワ-イワンゴロド間に持っていきたくなります。
ただし、補給の関係からこの辺から押し出すのは、ロシア軍としては、少々勇気が要ります。

当然ロシア軍はワルシャワ周辺にユニットを集め、出撃するそぶりを見せますが、本命はインステルブルクです。
ここは、コヴノから歩兵が届きます。
また、インステルブルクが落ちると、戦線が長くなり、ユニットが少ないと、ケーニヒスベルクも心配になるでしょう。
15年の初頭にチャンスがあり、コヴノへ戦略移動-移動でインステルブルクに隣接-スタフカ配置(弾切れなし)で攻撃し、見事突破。
落したインステルブルクを補給源として、歩兵軍団を流し込みました。

ここでmorita氏の対応は、ポーランドに進入していたドイツ軍を東プロイセンに全て引き上げ、戦線を縮小。
余剰戦力で、突破してきたロシア軍の根元を断ち、包囲殲滅。
最終的にはロッツェンも放棄(したはず)し、戦線を直線化。
うーん、プリトウィッツもかくやという東プロイセン放棄作戦。(これじゃほめてないなぁ 笑)
でも、東プロイセンでロシアが本気で攻めてきたら、これしかないんじゃないかと思います。

大胆な戦線縮小により、ロシア軍はこれ以上攻勢をとれませんでした。
15年も半ばになると、ドイツ軍が大増強され、恐怖の大砲(大王?いやいや戦場のケーニギンか?)も二つやってきます。
北や南で揺さぶりをかけていたため、ドイツ軍の本格攻勢は15年の半ばからにずれ込みました。
当然、ポーランド突出部を狙ってきますが、そこにはイワンゴロド要塞とワルシャワ大要塞が立ちはだかります。
しかしロシア軍の大々的な弾薬不足もあり、その両翼を突破され、さらにはプシェィスィルも奪還されてしまいました。
突破部隊は反撃で押し返し、ポーランドでの大消耗戦がおこなわれますが、戦線はだんだんと押し込まれ、両要塞は包囲されてしまいます。

満を持して両要塞に攻撃をかけるドイツ軍。当然女王(砲兵)の支援が付いています。
しかし、フルスタックのこもる要塞はそう戦闘比が立つものではありません。2:1がいいところです。
陥落の可能性は1/3!ダイスをふると・・・・

・・・・あら?わしの要塞は?

両要塞とも一発で陥落してしまいました。

この後はロシア軍の大撤退が始まるわけですが、ここで私の「大撤退」の時間がきてしまいました。
セットアップ含めてここまで2時間半ほどで11ターン。全部で24ターンなので一日あれば最後までできそうです。
ベルダン戦(イベント)やブルシロフ攻勢、ツァーの指揮権掌握等でこの先どうなるのか?
一日時間をとって、最後までプレイしてみたいものです。

| | コメント (0)

« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »