« ついに、終了 | トップページ | コマンド誌を購入 »

2010.02.16

ちょっと解析

Photo

金吾さんとのレジェンドビギンズは一旦終了したんだけど、1941年の12月で終了となったので、クルーセイダーシナリオから再度キャンペーンを続けようかとの話がある。(もちろん否はない)
で、遅ればせながら戦闘結果表をちょっと解析してみた。(エクセル先生に計算してもらった)

私の場合、まじめに作戦を考える時にたいてい戦闘結果表を解析してみる。
するとなんとなくどのくらいの戦力比(or差or火力)で攻撃をすればどのくらいの効果と損害が出るかイメージがつかめるんだよね。
このイメージと地図盤上の初期配置から「できそうなこと」を何通りかピックアップして対戦に挑むことが多い。
金吾さんのブログでこの前やったInvation:Sicilyの記事があり、そこで戦闘結果表の解析を見て、ばっちり作戦研究していると思ったみたいだけど、アレは最初の一歩なんだよね。
閑話休題

レジェンドのキャンペーンをプレイしている時から、防御時のイタリア軍の頼もしさを感じていたんだけど、今回大変なことを発見してしまった。(プレイしている人はみんな気付いてるんだろうけど)

例として3:1のマグニチュード2でイギリス軍がイタリア軍を攻撃した場合を考えてみる。
このときの英軍の平均損害ステップは3.00ステップ。
対してイタリア軍の平均損害ステップは4.33ステップ。
勝敗率は、撃退;0%、-;33.3%、前進;50%、蹂躙;16.7%。
ここまでは、イタリア軍の損害はイギリス軍の1.5倍でて、66.7%でイタリア軍が混乱して退却となるので、まぁそんにわるくないかってところ。

だが、ここからが驚いた。
このゲームは戦闘で失ったステップの一部が帰ってくる仕組みになっている。(回復ステップという。)
この例での回復ステップは、イギリス軍;1.5ステップに対し、イタリア軍は2.89ステップとなる。
十分な時間さえあれば、この回復ステップはステップロスしたユニットの回復に使える。(各ターンの最初に回復ステップを受け取れる。)
つまり、長期的に見た場合、実質の損害ステップは戦闘による損失ステップ-回復ステップと考えられる。
イギリス軍の実質損害ステップ:3.00-1.50=1.50ステップ。
イタリア軍の実質損害ステップ:4.33-2.89=1.44ステップ。

この場合、長期的に見ればイギリス軍のほうが損害が多いことになる。
ちなみに、イギリス軍がドイツ軍を攻撃した場合、サイコロの振り直し(ドイツ軍の優勢)があるので、もっとひどいことになる。
イギリス軍が3:1でイタリア軍を攻撃しても、実質の損害では負けているなんて!(なんてこったい)

では、イギリス軍はどうすべきなのか?
戦闘で失ったステップを回復するには、時間が必要となる。
短期の損害ステップは1.5:2.89となるので、イタリア軍が戦闘で失ったステップを回復する前にさらに攻撃を続ければ、枢軸軍は戦線を維持できなくなり、退却するしかなくなる。
そのためには、しこたまステップを溜め込んでから攻勢に出て、お互いが潰えてから前進するのがイイと考える。
しかし、イギリス軍はきつい戦いになるなぁ。(計算が間違ってなければね(笑)

イギリス軍は多少の損害にへこたれない体力を培わなければならないのだ。

|

« ついに、終了 | トップページ | コマンド誌を購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに、終了 | トップページ | コマンド誌を購入 »