2008.11.29

プロイセン軍、中継兵站をどこに造るか?

今回もレベルの低い話

Frederick the Greatでは、要塞を攻略することによりVPを獲得できる。
このVPは結構大きい。小都市は5VP、大都市は10VP。(でもベルリンは5VP ww)。

要塞を攻囲するためには、要塞ヘクスに兵站が必要である。
兵站は建設中に補給切れになると、建設に失敗し除去される。
また、兵站が完成したとしても、兵站ヘクスに敵がいたり、兵站ヘクスへの補給線がつながっていないと、兵站としての機能を果たさない。

このため、兵站(建設中であろうとなかろうと)や兵站までの補給線は防衛しなければならない。
補給源は自軍の要塞であるから、そこから補給範囲内の敵要塞は直接攻囲のための兵站を造れる。
しかし、マップを見ると、そのような敵要塞はほとんど無い。(シレジア方面に少々ある)
と言うことは、中継の兵站が必要となるのである。

では、中継の兵站はどこに造るべきか?

ルールを読むと、プロイセン軍の補給線は5ヘクス、反プロイセン同盟は4ヘクスと、1ヘクス差がある。
また、指揮能力0の司令官は補給範囲外に移動できない。

ならば、攻略目標の要塞から5ヘクスの位置に兵站を造ると、その兵站は結構安全なのではないか?

例えば、1956年シナリオ。
初期配置でフリードリヒ大王はマグデブルクにおり、目の前にはトルガウがある。
しかし、マグデブルク-トルガウ間の距離は6ヘクス。
直接乗り込むには1ヘクス遠い。
そこで中継の兵站が必要となるが、その兵站を造るのは、マグデブルクの隣が一番いいのではないか?

そこであれば、トルガウまで5ヘクス。
反プロイセン同盟の補給線は4ヘクスでありザクセン軍のルトフスキやプラハにいるセルベロニは指揮能力が0なので、補給範囲外に移動できない。
つまり、建設の妨害にもこれない。

ただし、オーストリア軍のブラウンの動向には注意が必要。

以上

| | コメント (1)

2008.11.24

兵站を作るのに何ターン必要か?

これは、私の備忘録である。
内容はくだらないと思うが、私が忘れないための物なので容赦願いたい。
この備忘録の内容についてご意見を書き込んでいただければありがたく思う。今後の考察に役立てたい。


Frederick the Greatにおいて、兵站は非常に大事である。
補給切れ損耗を防ぎ、また、攻囲戦にも必要となる。

では一体、準備を始めてから兵站が完成するまでに何ターンかかるのか?
また、完成するまでの間に敵は何回動くのか?

兵站および移動に関するフェイズのみを抜き出してみると、

1.自軍兵站
2.自軍移動
3.敵軍強行軍
4.敵軍兵站
5.敵軍移動
6.自軍強行軍
7.自軍補給判定
~~~~~~~~~ここから次ターン
1.自軍兵站
2.自軍移動
   :
   :
   :

これに各フェイズでの行動を右に書き足すと

~~~~~~~~~1ターン目
1.自軍兵站     :
2.自軍移動     :兵站建設地に移動
3.敵軍強行軍    :敵のリアクション
4.敵軍兵站     :
5.敵軍移動     :敵のリアクション
6.自軍強行軍    :兵站建設部隊は移動できず。
              もしくはここで兵站建設地に移動
7.自軍補給判定  :ここで補給切れなら兵站の建設は開始できない。
~~~~~~~~~2ターン目              ↓
1.自軍兵站     :兵站建設開始。補給切れの場合は建設開始できず。
2.自軍移動     :兵站建設部隊は移動できず
3.敵軍強行軍    :敵のリアクション
4.敵軍兵站     :
5.敵軍移動     :敵のリアクション
6.自軍強行軍    :兵站建設部隊は移動できず
7.自軍補給判定  :兵站建設地が補給切れなら兵站建設失敗
~~~~~~~~~3ターン目
1.自軍兵站     :兵站完成
2.自軍移動     :
    :
    :
    :

となる。

これからわかることは、
1.自軍移動フェイズに兵站建設地に移動すると、兵站が完成するまでに敵は4回移動できる。
2.自軍強行軍フェイズに兵站建設地に移動すると、兵站が完成するまでに敵は2回移動できる。

建設中の補給判定フェイズに補給切れであれば、兵站建設に失敗するので、兵站建設開始から完成まで敵の移動する回数が少ないほうが安全に兵站を建設できる。
あとは、強行軍フェイズに移動することのリスク(兵力の損耗)をどう考えるかによって、いつ兵站の建設を開始するか決定するのがよい。

以上

| | コメント (2)